BLOG

ABOUT FLEDGE

FLEDGEとは

FLEDGE(フレッジ)とは、これからの社会で求められる学びと創造の場作りの担い手を増やしていくことを目指した、「ワークショップ」のデザインについて理論と実践を行き来しながら学ぶ大学生向けの勉強会です。半年間を1期とし、卒業生コミュニティ”FLEDGED”の中からディレクター数名が次の期をファシリテートする形で運営しています。NPO法人Educe Technologiesの社会貢献事業として、2009年より活動を展開しています。

  • 01
    体験

    ディレクターによるワークショップを体験します。

  • 02
    講義

    講義を通してワークショップについて理解を深めます。

  • 03
    企画

    グループでワークショップのプログラムを企画します。

  • 04
    実践

    参加者を集めてグループでワークショップを実践します。

  • 05
    講評

    企画と実践に対してディレクターから講評を行います。

  • 06
    内省

    半年間の活動全体を振り返り、学びを深めます。

WORKSHOP

WORKSHOPとは

“創ることで学ぶ活動”と称されるワークショップは、ファシリテーターと呼ばれる進行役のもとで、参加者同士が相互作用しながら何か新しいものを創りだし、その試行錯誤の過程で学ぶための手法です。現在では、アート、まちづくり、学校、企業など、さまざまな領域で実践されています。FLEDGEでは、プロデューサーの共著書である『ワークショップデザイン論-創ることで学ぶ』(慶應義塾大学出版会)をテキストとして使用し、ワークショップに関する理論的背景についても体系的に学びます。

PRODUCERS

プロデューサー紹介

DIRECTORS

ディレクター紹介

  • 和泉 裕之
    静岡県出身 / 和泉ワークショップデザイン事務所 代表
    日本赤十字看護大学卒業。大学卒業後、フリーランスファシリテーターとして独立。在学時から「対話(dialogue)」という、物事への意味付けに着目したコミュニケーション手法に関心を持ち、ワールドカフェやOSTなどの対話の場作りを多数実践。現在は医療介護現場における対話型ワークショップ、コミュニティデザインなども手がける傍ら、株式会社ミミクリデザインにてワークショップ全般のデザインとファシリテーションを担当している。
  • 森川 絢瑛
    東京都出身 / 専門学校在学中
    日本女子大学人間社会学部社会福祉学科卒業。大学では障害学を学ぶ。広義の「場のデザイン」への興味から、カフェの経営に人事・マーケティング担当者として携わる。その後、デザインコンサルティング会社にてリサーチ・ワークショップデザイン業務に従事。2019年度4月から病児保育事業等を行う認定NPO法人に就職予定。
  • 水波 洸
    千葉県出身 / 株式会社ミミクリデザイン
    法政大学経営学部経営学科卒業。千葉県出身。在学中から「対話の場のデザイン」を主な探求テーマとして、様々なワークショップや哲学対話の実践に参加・参画。卒業後はそうした活動の臨床心理的意義を模索する傍ら、現在はワークショップや対話イベント専門のライター・編集者としても活動。
  • 渡邉 悠太
    千葉県出身 / システムエンジニア
    FLEGE9期卒。10期・11期でディレクターを経験しました。複数のメディアでライターとして仕事をした後、マンガ関連の会社に勤め、現在はシステムエンジニアとして働いています。

WE WANTED

14期の開催/募集

学びと創造の場作りを考え実践する大学生向け勉強会『FLEDGE』では、14期メンバーを募集いたします!勉強会を通してワークショップという新しい学びと創造の場作りについて考え、最終的にメンバー自身でワークショップを企画・実践できるようになることを目標とします。
12期 の「メディア」、13期の「健康」に続き、14期でもテーマを用意しております。ワークショップ初心者も大歓迎ですので、沢山のご応募お待ちしております!

SPONSERS

スポンサー紹介